近況のご報告と帰省

こんにちは!今日も暑いですね。。私が住んでる地域は最高気温35度とか・・・・。
でも、暑いの結構私は好きです。といっても屋外に出てガンガン日に焼けというタイプではなく、基本涼しい所に居ながら窓の外の高く真っ青な空と照りつける太陽を見ているのが好きっていうタイプ(^_^;)そしてたまに外に出る(笑)

さて8月はダイエーさんでのイベントを終えた後、オーダー頂いていた(お待ちいただいていた)お洋服の作成や、花屋さんのスタッフ服(制服?)のご提案などいつもの通り縫い縫い生活していました。
長らくお待ちくださっていたお客様、本当にお待たせして申し訳ありませんでした。(納期など工夫していかなければ思って、思案中です)

そして先週はお盆に福島の実家に帰省してきました。
今回は何と言っても中学時代の友達に会ってきたこと。。一人の友達は7年ぶり、もう一人の子は10年ぶりですっ。私のやんちゃ時代(あはっ)を知っている二人ですが、もうすっかり3人とも子を持つ母になっていました。そして二人は地元郡山に住んでいるので、深刻な心配事をもちながら子育てをしています。
近況話や世間話をする中に「避難」「除染」「検査」などの言葉が出てきます。同級生の中にも避難のため地元を離れているこもいます。そして印象深く残っているのが「人がいなくなった。」という言葉。
不安や憤りを感じながら生活している彼女たち。でも私に対する態度は普通。地元に帰ってきて久しぶりに会う友達を温かく迎えてくれました。正直、地元が大変な状況なのに、普段通りの生活をしている自分に疑問や申し訳なさもありました。でも二人は普通に接してくれました。
友達ってやっぱり大事ですね。。そして月並みですが小さなことでも実行していかなければと思いました。

10年ぶりに会った友人の方は地元でパン工房を始めてました。全く料理やお菓子作りが好きだったという記憶はないのですが・・・(^^)。
彼女たちに言わせてみれば、私がハンドメイド(お洋服作り)ってのも・・・「意外すぎるっ。あれだけ家庭科の時間に文句をいっていた人が!!」とかなりつっこまれました(笑)
ママ友やお客様に「以前は裁縫が苦手だった」という話をすると驚かれるのですが、子供の頃から知っている彼女たちにとっては「裁縫ができるようになった。仕事にしている。」というのがかなりの驚きで、その反応の違いも楽しく、心地よく(^^)
今度は我が家に遊びに来てね!という話をして女子会は終了しました。

写真は友人のパン工房。かわいい小屋でパン作りやパン教室をしています(^^)
a0177610_11172060.jpg

[PR]

by mutsumisa | 2012-08-22 11:19